2010年05月11日

4連覇逃したファーガソン監督「チェルシーは優勝に値する」

現地時間9日に行なわれたイングランド・プレミアリーグ最終戦でストーク・シティに4対0で快勝したものの、首位チェルシーと勝ち点1差の2位でシーズンを終えたマンチェスターU。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100510-00000017-ism-socc


しょうがないか


posted by 冬獅朗 at 21:00| プレミアリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

AIG危機!マンUの胸ロゴはどうなる


「マンUは大丈夫なのか?」

 保険最大手AIGの動向は、サッカーファンの間でも注目の的だ。

 AIGは06年から英プレミアリーグの名門クラブ、
マンチェスター・ユナイテッドのメーンスポンサーを務めている。
現役最高選手といわれるC・ロナウドら多くのスター選手を抱える
マンUは、世界屈指の人気チームだ。

 FRBの緊急融資で救われ、実質的に国有化されたAIGは今後、
政府の管理下で資産の売却などを進めるという。
マンUのスポンサーを続ける余裕はないんじゃないかと、
ファンは危惧しているわけだ。

「マンUとの契約はあと2年残っていますが、本部から情報が
入ってきていないので、今後のことはわかりません」(日本のAIG広報室)

 スポンサー契約は4年で8000万ユーロ(約120億円)。
これはプレミア史上最高額だった。人気チームでも5億円程度の
Jリーグとはケタが違う。

「マンUのスポンサーになりたがる企業は引きもきりませんが、
ハードルが高く、簡単にはなれません。
実際、AIGより高額のスポンサー料を提示した会社もあったが、
業務内容が好ましくないとして断られています。
相当シビアに選別しているはずなので、今回の事態は想定外ですね。
破綻寸前の企業ロゴが入ったユニホームじゃ、
いかにも弱そうで格好がつかない。AIGに代わる新たなスポンサーを
探すことになるのではないか。ただ、シーズン中にスポンサー名を
すげ替えたなんて話は聞いたことがありません。
今シーズンいっぱいは現状維持でしょう」
(大手広告代理店のスポーツ事業担当者)

 契約内容によるが、AIGには多額の違約金が発生する可能性もあるという。今のAIGに支払い能力があるか疑問だ。

引用元
http://news.livedoor.com/article/detail/3828936/


いや〜 えらいことになりましたね。

破たんになったら、縁起が悪いですもんね。

続きを読む
posted by 冬獅朗 at 01:17| プレミアリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。